自分のことを話すのが苦手な理由

私は人に自分のことを話すのが苦手だ。


なんでなのか、自分でもちゃんと考えてなかったけど、

ほとんど癖のようなものになってる。


私は10代の頃から接客業や営業の世界にいた。

だから、自然に

・人は話を聞いてほしいんだ

・理解して認めてすごいって言ってほしいんだ

・人は教えられるより教える方が気持ちいいんだ

ということが身にしみてしまっていて、

話は聞いて相手を理解する方が

お互いにとって得だなというのが

本能レベルでセットされてしまっているみたいだ。


それに加えて、

私はみんなから凄いと思われたり

自慢していると思われるのが怖い。

私は正直自分では自分のことを少し凄いかもと思っているし、

褒めてほしい。

目標を決めて努力できるし、

いつも結果も出すし、運もよく、

仕事や人の繋がりにも恵まれ、

見た目もありがたいことに多少恵まれている、

もちろんコンプレックスも色々あるし弱点も多くあるけれども、

それを含めて自分を認めているし

ナルシスト的なところがある。

だけど、それをそのまま出すのが怖い。


出せば嫉妬も買うし、女社会の中では特に面倒な気を起こすのを恐れている。

人の器を信用できていないのかもしれない。

特に思い込みかもしれないが、

比較されている、優位に立ちたいと思われている感を感じることはたまにある。

負けず嫌いの女というのは結構多く、

何かと気持ち悪いコミュニケーションになる時もある。

そういうのが面倒なので

自分はアホで何もできないふりをして変にプライドを刺激しないようになったのかもしれない。


あとは自慢して認められたい感をだすのがカッコ悪いと思ってる。

だから自分のことはどうでもいいんだ、聞かれたら答えるよ、大したことないアホだよという感じをいつも繕って実はカッコつけている。


あとは自分を見せすぎずミステリアスな女の方がセクシーだと思ってるw


こんな感じの理由あってのことで、

たぶんこれまで覚えてないくらいたくさんの人とのコミュニケーションの中で

自分が身につけてきた防衛手段なのかもしれない。


でも最近これによって感じる弊害が、

自分のことを相手が理解できるように筋道立てて話せないことだ。


あまりにも自分のことを語らなすぎて、

きちんと自分がどんな人間で、

何ができて、どうしたいのか伝えることができない。

色んな話題に対して自分がどう思っているのか語れない。


私は受ける側になることで今までうまくやってきたが、

これからもその法則は通るのだろうか。

社長やフリーランスは自分を声大きく主張できる人ばかりなので

不安になる。


私は、聞かれれば伝えるようにはならないといけないと思うが、

まずコミュニケーションの原理原則は、

相手を知り受け入れる→自分を好きになってもらう、知りたいと思ってもらう→自分のことを知ってもらう

だと思ってる。

そしてその受け入れ態勢が整ってなければ、話しても相手の心には届かず、

整っていれば、短い言葉でも好意的に受け取って良い方向に解釈してくれると思ってる。


だからこれからも、

基本スタンスは変えずにいながらも、

今までより少し、自分を伝える割合を増やしていきたいと思う。

嫉妬を買わない自慢にならない言葉を選んでいけるようにしたい。

その辺が上手い人を見つけて、

真似できたらいいなと思う。




人それぞれの軸、考え方、表現スタイル

今日は久々に大学時代のサークルの仲間と会った。


感じたのは、

歳を重ねる毎に、

その人それぞれの軸が、

その人それぞれの環境で育っている。

考え方は違うし、表現の仕方も違う、

価値観は本当にそれぞれ違う。

でも女の人同士のコミュニケーションは

少し気を使う。

価値観がそれぞれ違うのが当たり前だし意見が違って当たり前なんだけど、

それをはっきり言ってしまえば角が立つ。

女子の話というのは、

相当仲の良い友達でないかぎり、

基本共感してなくとも、相手の思いを優先してまずは共感する。

それが本音でなかろうと。

だけど、本当の私はそこも気にせずぶつかって議論して違うお互いを認め合いたいのだけれども、

やはり、相手が怖く、相当仲良くなってからじゃないとそれができない。

だから、たまにしか会わない女子同士の会話はなんか気を使う。

まぁそういうもんだろうか。

人間同士のコミュニケーションは。

だから、気の通う本音で議論できる人、気を使わず反論できる人は本当に貴重で大切だ。


ももしかしたら相手もそう思ってるかもしれないね。

まずは自分からオープンマインドで話していくことが大切かもしれない。私はこう思ってる、相手を認めてるよ、ということは伝えてかなきゃいけない。

どのくらいの言葉で傷つくかは相手によるし、気遣いは大人のコミュニケーションではやはり必要不可欠なのかもしれない。


素晴らしく活動的で活躍していて声の大きい人だって、弱点は必ずあるし、

発言しない人だって、その人の持つ個性や良い点は滲み出ている。

どの集団でも声の大きい人が正しいという雰囲気になってしまいがち。

声の大きい人が素晴らしくて、発言しない人はそれに比べて低位なんてことはないと思う。

でもそれもその人がどう思うかという心持ち次第か。

とにかく、誰が優れてる、そうでないということではなくて、

それぞれに良いところ、弱いところがあるから、皆自分に自信を持って、良いところをもっとわかりあって、

声の大きくない人が自信を持って、

その人のやり方で発信したり良いところを生かしたりできる世の中がいいな、

と私は思う。

「生きる意味」諸富祥彦を読んだ

最近、田舎に越してきて、
仕事も変わり、暇になった。
環境も家も人も、
本当に恵まれていて、
私は幸せだと思う。

東京にいた時に求めていた、
・時間の自由
・場所の自由
・運動したり自炊したり健康な生活を送る時間と心の余裕
・マイペースでストレスのない仕事
・海が近く自然がある環境
全てを手に入れた。

本当に自分は幸せものだと思うが、時間がありすぎて何もしていないと、
SNSを見て、見た目にとらわれたり、
ネット通販の物欲にとらわれたり、
なんのために自分は存在してるのだろうか、
誰にも気づかれず必要とされず、
このまま忘れ去られていくのか、
というなんともいえない虚しさを感じてた。

起業本なんかを見て、
自分の人生や、5年後の理想、
好きなことやできることなどを整理してみたものの、
正直、自然に情熱が沸き起こってくるか、というと、そうではなかった。
今のままでも十分幸せだし、
何もしなくても困らないという
気持ちになる。
心の底から情熱を持ってやりたいことが、ないかも、と人生で初めて感じた。

今までは、あーなりたい、こーなりたいでそれに向かって生きてきたけど、
今正直、この考え方では、どんなことにも心から動かされるような衝動が起きなかった。
これを絶対やらないといけない!
みたいな気持ちが起きない。
今の人生が続いても十分幸せだし、
楽だし、自分らしくいれるし、
自然のある海の近くでフリーランスで余裕を持って自由に暮らせる、
朝起きて窓から入る風が
気持ちよくて幸せ。

だけど午後になるとなんともいえない虚しさで毎日なんかもやもやしていた。どこに向かっていったらよいのかと思い悩む毎日。

そこでたまたま、図書館で見つけた
この本を読んでみた。
生きる意味

生きる意味

中2病ちっくなタイトルだけど、
今の私の行動、考え方を180度変えるくらいの衝撃があった。
メッセージは
「幸せになるには、自分を忘れること」
自分がどうなりたいと言ってるうちは、欲望の連鎖から逃れられず、
一生幸せを追い続けいつも満足できない。
自分を忘れるくらいに、
自分を必要とする何かや誰かのために没頭し、自己を超越することが、
その人を幸せとなり、それが個性となる。

最近自分がどうなりたい、自分は何がほしい、みたいな自己実現の風潮があるけど、
それじゃいつまでたっても限りない欲にとらわれて、幸せになれないよ、
という話でした。

まさに、
最近自分はどうなりたいか、どんな仕事したいか、何に情熱を持てるか、何がほしいか、そのためにいくら稼ぎたいか、
みたいな思考の中にいて、
なんかしっくりこなかった。
けど、
「自分の使命に生きる」「自分がいないと成し得ない何かや誰かのために生きる」「自分が誰かの役に立てる」こういう発想で、生きるのが本当の道だ!
と気づかせてくれた。
フランクルと諸富さんに感謝。
明日からは、
家族に自分がしてあげられること、
周りの人に自分が必要とされてること、してあげられることを
コツコツとやっていくことを大切に生きていきたいと思う。
使命は作るものではなくて、発見するもの。
人に会ったり、目の前の自分がしてあげられることを一生懸命やっていけば、道は拓けるはず!


表現するとは

仕事の中でも、

曖昧で、どう整理していいかわからないことの1つに

クリエイティブってどう作るの?

っていうことがあった。


それが今日、バンタンのデザインファンデーションの体験クラスにきてみて、

少し整理された気がした。


①このもの(商品、会社)がどんな困った(ニーズ)を解決するか、

で、メッセージが決まる。


例えば、保湿力の強いクリームを売るとしたら、

この商品は、

乾燥肌がひどくて困ってる人の

困ったを解決する商品だよね、ということ。


まずはここをはっきりさせることで、「メッセージ(何を伝えるか)」が決まる。



②次に、伝える人、場所、目的も含めて整理する。

伝えることも含めて、

この4つを整理すれば、

どう伝えるかが自ずと決まる。


・誰に

・何を

・どこで

・なんのために


さっきの商品を、

ネットの広告で売るとしたら、

こんな感じ。

・誰に   乾燥肌に困ってる20-30代の女性

・何を    乾燥肌に効くということ

・どこで ヤフーのニュースメディアで

・なんのために 買ってもらう


③どう伝えるか

大切なことは、

伝えたい人に、

伝えたいことが、

伝えたい場所で、

きちんと伝わるようにすること。


バックグラウンドは人それぞれなので、

同じものを見せても伝わり方にはかなり幅がある。


ここを、伝えたい人に伝えたいことをきちんと伝えられるのがデザイナー。


伝える人と目的に合わせて、

抽象度や、言葉、色、形などを

決めていく。


①はブランドアイデンティティのデザイン、商品のデザイン

②はコミュニケーションのデザイン

③はグラフィックデザインという感じ。


今まで自分は広告代理店だから、②を中心にやってきた。

方向性を整理して、その時の内容に合わせて得意そうな人に依頼する

というような仕事だったので、

①、③もやってみたいなー、

すごく面白そうだなーと思った。

伝えるべきことを、伝えられるって

いいよね。

成田久さんのワークショップ

デザインの授業を受けてきたので、

内容、響いたことをアウトプットします。


★成田久さんのワークショップ


資生堂で、TSUBAKIやUNO、マシェリマジョリカマジョルカなどのお仕事をされてるベテランのアートディレクターの方のワークショップでした!


内容は、

前半はお仕事の内容や、エピソードの紹介でした。


この辺りでの気づきは、

やはり日本を代表する会社では、スケールの大きい企画を実現できる面白さがあるなーと感じました。

今のベンチャー企業での仕事だと、

発想が数億かかる人キャスティングなんて、

全然出てこなかったけど、

大きな会社だと、社内の会議に通したりたくさんの人を説得しなきゃいけないから、企画の精度が求められたりプレゼンが大変だけど、

お金があるから夢見たいな本当に何の制限もないものが作れるのだなーと感じました。


ただそのたくさんの人を説得する過程で、ありきたりなつまんないものになっちゃったりするし、

まだ若い自分らみたいな未熟な人がその経験を積む機会を得るには、

かなり時間と運が必要だなーとも。


その点ベンチャーと大企業は、違った良さがあるなと思いました。


もう1つの気づきはやはり、

やりたいこと×できることの総量が同じくらいのレベルの人同士が仲良くなっていくんだな、ということ。

成田さんのお友達は、妻夫木くんとか、原田隆さんなど、ほんとに各界の一流の人ばかりでした。

そういう人と出会いは運良くあったとしても、

本当の意味で仲良くなれて仕事するには、自分のやりたいことへの熱量とできることのレベルを、一緒にやりたい一流の人と同じとこまで上げていく必要があるなと!

そうするためには、

多少できること足りなくても、自分のやりたいことをどんどんアグレッシブにやりたい、仕事したいと言って経験してくことが大切だなと思いました。

それに久さんの存在自体を見ていて、

自分って何も飾らず隠さず、

自分らしいままでいいんだ、別にこういないといけないとかないんだ、

という衝撃的な気づきと、

久さんのエネルギーが本当に凄くて、

やりたいと思うことは、アグレッシブに言って、ねばれば絶対に叶う!という気にさせられちゃいました。


後半は、自分のLOVEな人にラブレターを書いて発表する、というもの。


これは個性的な人がたくさんいて面白かったけど、

印象に残ったのは、

そんなに好きと思える人がいないから、書いてこなかった。どうしてそんなに人を好きになれるのが知りたい。と言っていた子!


そこから気付かされたことは、

自分は、まだまだ正直な自分を出して、本当のことを言って生きてないなということ。

私も正直課題を始めたとき、

それほど、心から愛せるものなんて家族いないにないよなー、と思ったけど、その中でも一番好きなもので課題を書いてみた。

でもその子の発言で、

別にやれといわれたことを、やらなくても、自分が思ったことや疑問を正直にぶつけてもいいんだ、

と思った。


また色んな人が、自分の建前や人を気にしてつくる自分の嘘を全部剥がして、正直な自分の好きを語っていくのを見て、

自分はまだまだ繕っていて、周りによく見られたいとか、周りの考えに左右されていて、本当の正直な自分のLOVEに誰になんといわれようと向き合っていないと気づきました。


最後に言っていた言葉が、 すごく残って、

このスタンスを常に忘れないでいたいと思いました!


「思いを捨てないことが大切で、

好きなことはねばれば絶対に間接的にでもできる!

ちょっと簡単に考えるのも大事。

一流のプロを前にしても、対等でよくて、今はこうだけど、いつかはこうなると思っとくこと!」


デザインの言語とプロセス

渋谷にある、社会人向けのデザイン学校で、

webデザインを勉強することにしました!


きっかけは、

会社の営業で長時間拘束されて働く生活は続けたくないし、

webデザインできれば、仕事が広がってフリーでやりやすくなるかな、

という仕事目的と、

元々美しいものが大好きで、考えを表現する手段を増やしたい、

というデザインへの好奇心との両方でした。


先日初めてデザインストラテジーの授業に出てきたので、

自分の復習もかねて、シェアしていきます。


★デザインアプローチ基礎 1回目

①デザインって何?

狭義のデザイン:広告、パッケージなどのビジュアル

広義のデザイン:人間が計画して前に進めるもの全て!

五感で感じられるものや、感じられないものも含む。

具体的には、味覚、サウンド、人事戦略、キャリアなど見えないものも。


デザインの概念は欧米発だから、日本人にとっては後者はなかなかしっくりこないのは、外来語だからあたりまえみたい。欧米の環境に身を浸してみるのもいい。


②デザインのプロセスって?

意志→計画→アウトプット→社会

(源        上流           下流               海)

このプロセス全てがデザイン!


欧米では、デザイナー=上流のことが多い。日本ではデザイナー=下流のこと。欧米では日本のデザイナー=オペレーターだそう。

日本でデザインを学ぶときは、

枝(建築なら、部屋の図面)→森(家の図面、都市計画)というプロセスだけど、

欧米は逆で森(社会って?なぜ街が必要なの?今の街の問題って?)→枝(家、部屋の図面)というプロセスだそう。



③アウトプットって?

アウトプットの前段階の意志や計画と、その背景をきちんと知って、

それはなぜ?と自分で考えることは

アウトプットするデザイナーがやるべきこと。

その上で、テーマに適切なアウトプットをする!

デザインの判断基準は、良い悪いじゃなく「適切か」「適切でないか」。

作るものは放っておいても個性が出る。


例えば安定(言葉)=水平線、地面(形)、パワー=太陽、光など人には共通に思い浮かぶ感覚がある。

地球の環境は人類共通だから自然と持っているもの??


④デザインの要素

・色

・形

・質感

・線

・明度

など


感想:ワークでemptyとfullを表現してと言われたのだけど、

周りの人が、白い紙はemptyでもあるし白の絵の具を塗ったfullでもあると言ってて、

自分では思い浮かばないようなことをいうのがおもしろかった。

デザインの観点で言えば、私は万人にわかりやすく、一目みたら言葉が伝わるアウトプットが良いかと思そうしたのだけど、私の視点は平凡だなーとも思った。。


あとはデザインの上流の意志と計画の部分について、

先に学ぶ方が、アウトプットを考えるのにしっくりくるなーと思った。

スタンフォードのdスクールというのが、欧米的なデザインの学び屋で有名らしくて、

無料の動画があるみたいです!

ネットで誰でも学べるのはほんといい時代!

https://designthinking.or.jp/index.php?video



女1人旅 弾丸インド 5日目

この日は帰国で飛行機移動。

あっとゆうまのインド滞在だった。

f:id:ayasalute:20170103153522j:plain

インドでの気づきをまとめると、

「ありのままを受けとめ、生きること」。

日本にいるとまわりを気にしてカッコつけたり、よく見せようと女らしくしたり、利害を気にしたり、評価を気にしたり、素のままの自分でいないことが多い。

インドにいると外国人だということもあるけど、自分のままでいられる。インド人は細かいことは気にしないし、自分の思うままに主張し、行動してるように感じて居心地がよかった。初めは黒いし怒ってるみたいだし騙すし怖かったけど。

あとは、生死あるがままを受けとめる、それが自然だということを感じた。それはガンガーで体感した。

f:id:ayasalute:20170103153645j:plain

f:id:ayasalute:20170103153745j:plain

生きるために働くのは当たり前で、それでいいし、働くことは生活の一部なんだから、いつもの自分のままでいい。人に施したければ施せばいいし、お金があるなら払えばいいしないなら払わなければいい。

インド人の日常を見ていて、今を自分の価値観で生きることを教わった。

f:id:ayasalute:20170103153936j:plain


インドは美しい国であるがままがむき出しの国。

少し疲れるけど、毎日に彩りがあって生きている感じのする国だった。

次にインドに来る時は、1ヶ月くらい瞑想やヨガを学び、ゆっくり田舎を旅したいなー。

あとは、世界の美しいものとそのルーツを巡る旅、リズムを巡る旅をしたい!

金と時間を作らなきゃー!

愛を忘れずに。