田舎フリーランスは出会いがない?

田舎フリーランスを始めてかれこれ1年半、、、。

仕事は自由で、時間にも縛られず、だれの命令にも従わず、

やりたいことをやりたい時に、やれるようになった。

ただ反面、基本毎日一人で作業したり、考え事をしたりしてるので、

たまにテニスの壁打ち相手のように議論できる人がほしかったり、

ちょっと息抜きに雑談できるような相手がいるオフィスが羨ましくなったりする。


コワーキングスペースや市内のほとんどのカフェは行きつくしたし、

人口5-6万人の田舎町なので、

コワーキングスペースには、なんか地元のちょっと古い感じのノリの合わないおじさんたちしかいないし、

カフェでも、同じような属性に見える人はみつからない。

これは田舎だからなのか、それともフリーランス  や一人起業家はみんな同じような思いを抱えてるのだろうか。


とにかく最近は、孤独感、やるべきことをやっても誰にも認めてももらえなければ感謝もされてないような、なんだか人が恋しくなっている。

音楽活動などのやりたいことをやるために、一人できままに時間や仕事量をコントロールできる仕事スタイルを選んだのだが、

たまには人と戯れたくなる。

このスタイルのままで、人とか仲間と関わりあうにはどんな方法がいいかな?

人を雇う、人に教える、ネット以外での営業をする、とかかな?

でも人と会うと、やりたいことをやる時間が減る?というジレンマ、、、


やはり、本業にしていきたい音楽活動で人と積極的に関わって、行くのがいいのかな。


でも音楽活動はお金にはなりずらいし、それだけで食べていくことはなんとかできても、時間対お金の釣り合ってない低賃金ワーカーになること請け合い。


だったら、自分の得意なもので短い時間でマネタイズして、

音楽の時間をたっぷりとろう、としたわけなんだけれども、

今は仕事と家事と音楽は均等くらいでできていていいんだけども、

やっぱり人との関わり、というところが欠けている、、、

仕事は量を抑えて収益性アップするために、直接の営業もしない、会わずにネット中心で進めている。

人に会えば、その分収入も増えると思うが、時間が減る。


やっぱり、音楽でコミュニティづくりや人に会ったりしていくのが一番いいのかもしれない。

私が今やりたいのは音楽だけど、それをやりすぎたら、お金がなくなるんじゃないか

というのが怖い。

音楽だけをやって、お金も稼げて、人とも繋がりを持てれば一番幸せだけど、、、

てか、それが一番幸せだよね!


なら、音楽で人とつながっていけばいいよね。ただ、問題は収益性が低いこと、、。

音楽は、お金になりずらい。必要な投資は効率よく他の仕事で稼ぎながらも、音楽の時間を長く取っていくコントロールはこの先もずっと必要なのかもしれない。。。


いつか、全てがつながる日が来て欲しい。

音楽を追求して、人とつながって、しかも収益性が高いこと。


なんだろうな。

オンラインサロンや、音源配信や、フォロワー増やして広告スポンサーをつけたり、広告とアーティストのあいだをつなぐ人や、グッズ販売、プロデュースやマーケティングのコンサルとかなのかな、、?


ライブやイベントは、楽しいし幸せだけど、収益性は低そう。

とにかく、今は音楽で人とつながって、自分なりのビジネスモデルを作ってけるよう、頑張ってみるか。

そう考えると、収益性が高いのは、ネットでレバを効かせるものとかが多いから、直接ファンに会うものではない。

単価が高い広告の仲介や、プロデュースコンサルなどは、直接会うけど、

それ以外は自分で考えて作るか、打ち合わせするかくらいね。



日本の男たちの労働観はおかしい。家事を当たり前に押しつけられる妻たちは被害者

米がかちかち

なら、なぜ、自分でそれを捨てて炊かない?
まるで、それは自分の仕事ではないとのように

便器の裏が汚かったら、

掃除してない
と文句を言い
なぜ、何もしない?

私はあんたの使用人じゃねぇ
自分のことは自分でやるのが当たり前だろ?
なぜ女がやって当たり前?
そんなのおかしい

怒りが込み上げてくる

なぜ感謝しない?

こんなに働かされてなぜ家でまで、仕事をしなきゃいけない?

って

働かされているの?
自分の意思ではないの?
あなたはどんなライフスタイルを送りたくて何のために働いてるの?

なぜ、自分で決めない?
そこに近づけようとしない?

自分がやっていることに、不満を抱え、
自分で決めず、自分で変えようとせず
それで、自分は辛いことを

やらされている

という意識

それで、そのしわ寄せは妻への八つ当たり、家事の押し付け、家でえらそうな態度をとるることでの妻への甘え。

では、なぜ妻は家で労働するのが当たり前なのか?
辛いことをしてないから?
自分で決めて楽しく働いている人は、
家のことを全て担当すべきなのか?
それが当たり前なのか?


自分でやりたいことをやればいいじゃないか
それで不満をなくして
家で全てのことに不満を撒き散らさずに
八つ当たりせずに、過ごせばいいじゃないか

なぜ、やりたくないことをやり、ストレスを溜め、家で八つ当たりし、労働を弱いものに押し付けるのか

狂っている

ブログ再開

しばらくブログから離れていた。

まぁまぁ仕事や音楽や家庭のことで忙しくすごしていたが、

今月になって、仕事が暇になり、これからどうしていこうかとじっくり考えていた。

 

フリーランスになって、田舎の海辺に移住して約1年3ヶ月。

振り返ってみると、まぁまぁ頑張ったかなと思う。

一人で仕事をしていると誰も褒めてくれないのでwたまには自分を振り返って褒めてあげてみる。

 

■頑張ったこと

・たまに合って飲める友達ができた

・音楽活動が自分の中と、近くの人たちに定着してきた

・通販の仕事をある程度仕組み化して収入が入ってくるようにできた

・仕事は、今年に入ってからは売上が安定し、月ベースではサラリーマン時代以上の収入になった

・夢だったNYへの短期留学が実現する!

 

一方で不安や悩みのタネも。。。

■不安なこと

・Web制作の仕事は時間もかかり、人と会うこともなく、

 クリエイティブな仕事では思ったよりなく、やはり私には合わなかった。

 その仕事をかなり減らしたため、収入が今月から減る。

・通販も1つのプラットホームに依存してたのが、最近それが規制されてしまい、

 売上が減る。

 

自分に合わなかった仕事は減らし、本当にやりたいことで生きていこう!と意気込んでたところ、

そこそこうまくいっていた通販の方にもこのタイミングで大打撃が来て、

ダブルパンチで収入減が、精神的にすこしきつい、、、。

 

安定的な収入があって、やりたいことをできるのが一番安心。

今のところ旦那の収入があるから生きてはいけるが、

支払いなどを考えると、かなりギリギリか赤字のライン、、、

この状況で、やりたいけどすぐにはお金にならないことに思いっきり注力できるのか、

それともまた、前と同じようにすぐにお金にしやすそうなことに時間を割いて、

以前の繰り返しとなるのか、、、、

難しいところ。

お金と、幸せ。

最低限の生きていけるお金がないと、やはり人生は不安で不幸なものになる。

でもお金を求めて自分の幸せや気持ちをないがしろにしていると、虚しい人生になってしまう。

 

私は人を喜ばせたり感動させたりエネルギーを上げたりすることがしたいな。

やっぱり。

音楽の事業はあせらず、こつこつとものを作って技術を磨いて、いくしかない。

そこに自分のマーケティング知識とか、工夫を付け足せば、どこかでうまくいくはず。3年後とかになるかもしれないけど。とにかく売り物、楽曲を作らないとどうしょうもないからそれをやる。

でもそれはすぐにはお金にならないから、時間をたっぷり確保しながらも、通販の仕組み化でお金を安定させられるようにする!

 

できることをやるしかないから、それを頑張っていこうとおもう。

 

 

 

人疲れ

私はやはり、人が苦手だ。


いつからか、他人に自分の本当の考え感情を伝えるのが恥ずかしく怖くなった。

昔から私のことを知っている人、

あとは、今日限りで合わない人なら良い。むしろ。


でも職場、だったり、地元、だったり親戚、だったりメンバーのあまり変わらない人間の集団がなんか苦手。

私の考えは、たいていみんなと合わずどこに行っても否定されたり、

少数派になる。

そして思い込みかもしれないけどもいい意味でも悪い意味でも注目されやすい。


嬉しい時もあるけど、面倒に感じる。なんかやっぱり人に好奇の目で見られ続けるのは疲れるよね。

これは日本独特のものなのか、、、

やはり一回アメリカに行きたい。


あとは私は完璧主義というかかっこつけで、中と外のギャップ結構あるし、あえて作りたいタイプ。外に対して自分のブランディングしたい。でもそういう、いつも会う集団だと私の浮き沈みが出てしまい、演出できないし、それがなんか難しかったり面倒くさい。


やっぱ人は気を使うし面倒くさい。感情と言葉、リアルが一番深くて重くて、怖い。私は私を全てさらけ出すのが怖い。なぜ?

どんな自分も矛盾した自分があるのも当たり前。

特に恋愛からんできたり、お金や仕事からんできたり、競争や嫉妬、人間が一番リアルでゲームやフィクションじゃないから失敗したり傷つくし面倒。


ごちゃごちゃした思考

最近できることが多すぎて、

思考がごちゃごちゃしてる。

できるかもしれないやりたいこと。


何から手をつけたらいいかわからかい。

いろんなインプットをしすぎて、

一気に新しい人や音楽やアイディアと出会いすぎて、

咀嚼できずに軽くパニック。


私は本当は何がしたかったんだっけ?

新しい田舎の強いつながりがある土地に新入りとして来たという気持ちがあって、人に気を使って、自分らしさを少し失ってる。


私はマイペースで、感情豊かで、ドライで知的なところもあって、男好きで、美しいものとリズムが好き。自分が好きだけど、傷つきたくなくて、本気で戦って負けるのが怖い。本当は弱い。

でも、戦いじゃないのにね。音楽も仕事も。

なぜそう思っちゃうんだろ。

最近愛をプラスできてなかったのかもしれない。


こうあるべきとかなんか、

いらないことばかりに自然と思考がとらわれてしまっている、最近。


私はやっぱビジネスの世界の雰囲気は、文化は、合わない。たぶん。


でも日本の音楽家のちょっとねちっとした世界も、それはそれで合わない。狭い世界での競争や気の使い合いとかめんどう。


じゃあなんなんだろ。

自然と空気が合う世界が見つかったらいいな。また旅に出たい。


あとは愛が欲しい。本当は。たぶん寂しいんだと思う。

ゆっくり愛され癒されたい。

私のままに正直に生きたい。周りに合わせずに。どう思われても構わないから。

自分は自分だし。


アーティストとはなんなんだろう。

私らしいって何なのか。

まぁ考えすぎね。

やり始めたら完璧を目指してしまうから。

未完成で、一生懸命走っている今の自分自身を認めてあげよう。


私は、音楽が好きだし、ノリノリで踊るの好きだし、イケメンが好き。

それと愛があれば幸せ。

人と比べてもしょうがない。

だから音楽をやる。好きでカッコいいと思うから。頭じゃなくて感じてること大事にする。

好きに楽しく音楽やって、自分の理想の世界観にちょっとずつちょっとずつ近づいて行って、

だれかの心を動かせたり、ちょっと幸せな気持ちになる瞬間を作れたり、愛を分けてあげられたり、何かの気づきになってもらえれば嬉しい。 

だからビジュアルも磨きたいし、歌も磨きたいし、作曲も覚えたいし、世界作りをやってみたい。


でも現実ご飯食べたり交通費や旅費やライブを見たり勉強するお金がかかるから、それは働いて稼ごう。


仕事はどうしよう。アイディアややれそうなことはいっぱい湧いてくる。でも今はやっぱ音楽なのかも。

できることじゃなくて、やりたいことは何?

やっぱ、音楽を中心としたクリエイティブプロジェクトかも。それをグローバルにやってきたい。

フリーランスになって3ヶ月間振り返り

f:id:ayasalute:20171015003408j:plain

今月でフリーランス生活も4ヶ月目に突入。


いい面も多いけど心折れる面も多い。


1番はモチベーションの維持の問題。

仕事が減ってくると暇だし、焦るし、1人だし、

どんどんモチベーションが下がって、仕事や作業の手が動かなくなってひたすら動画みちゃったり。

同業の人や、刺激になるような人と話したり交流する時間が大切だと思った。

私の場合はフリーランスになるタイミングで、地方で知り合いのいない土地にきてしまったので、

モチベーション下がりモードからの復活がなかなか難しくて1週間くらい続くときもあった。

やっぱり1人でやっていく上で、仲間や話ができる人は近くに何人かいた方がいいと思う。


あとはお金の面も結構大変。現実的に住民税の支払いや、営業活動にかかる交通費や宿泊費などを考えると、1年目は結構大変。これは続けていくにつれて良くなるものだと思うけど、1年目はどんな仕事をやっていくかとかどんなやり方でやるかとか、私の場合、調べて考えて迷ったりしてる時間も結構多くて、3ヶ月では新しい仕事は形にまでならなかった。


逆に幸せな面もある。

毎日ごはんを作ったり、新鮮な野菜を買いに行ったり、ジムに行ったり、

時間に余裕があるおかげで健康的な生活を送れるようになった!

ネットで買い物を楽しんだり、ネイルをしたり、動画や本を見たり、時間に余裕があるおかげで、サラリーマン時代にはできなかったことを楽しめた気がする。


自分の時間の使い方は自分で決められるのもとてもいい!そのおかげで好きなことに時間を使えるようになった。音楽を再開して毎日練習できたり、ライブできたりするのは本当に生きがいになっているし嬉しい。


また、好きな時に好きなところに行ける、というのもメリット。

北海道に少し長居して、仕事したり、東京で仕事したり遊んだり、wifiが繋がれば基本どこにいてもいいというのは、自由で嬉しい!

反面、家ではなかなか集中できなくなって、オフィスもないからカフェ難民のようにカフェをはしごしたり、今日どこで仕事しようと考えてるうちに無駄に時間がたってしまったり、、、というデメリットもあるけど。


まとめると、

メリットは、時間の余裕と居場所の自由、自分の好きなことができる、

デメリットはモチベーションの維持が難しいのと、金銭面、仕事場が決まってないところ。


なので、今後はモチベーションのところをどうにかしていけば、すべてがうまく回りだす気はするけれど、

そこが1番難しい問題ではある、、、。

私の場合モチベーションは、人に見られたり、認められたり、助けたりすること。

フリーになるまで気づかなかったけど、私は他人がいて輝くタイプみたい。

だから、自分の力が直接誰かのためになってる、と感じられるような仕事をこつこつ続けていくのがいいのかもな、と。

そういうニーズがある人と会えるように、もっと外に出ていこうとおもう。



何もしなくても生きていける生活

最近やることも何もないし

しなくちゃいけないことも少ししかない。

別に何もしなくても生きてはいけるし、無理にやる気を起こして何かしなくても、別にこのままでいいか、楽にのんびり生きてもいいか、と思ってる。


何もない、何もしなくてもいい幸せを感じる時もあるけど、

やはり人と会わないと刺激も受けないから、何かをやろうという気も起きないし、私の人生このまま楽にゆったりできるけど誰からも存在を忘れられていくのかな、とも思う。

これからどうしよう。

1人で何ができるのだろう。


何かを作るのはエネルギーがいる。何かの強い欲や何かがないと死んでしまう、生きられない、というような迫り来るものがないと1人では、何もできない。


お金がたくさんあれば、この生活はまた変わるものなのだろうか。どんどん人に会いに行ったり、興味がある場所に出かけたり、パーティやイベントに出かけたり、遠出したり、好きな服を買ったり、外で食事をしたり、

確かに、時間がたくさんあるからお金をもっと使えれば外に出て刺激を受けやすくなって、影響を受けて行動できたりするかもしれない。


でも結局は、何かを成すには自分が努力しないといけない。

あとお金を稼ぎたいならその強いモチベーションがないといけないけど、今の私にはあまりない。

結局何がしたいんだっけ。


音楽をやって人を感動させたかったけど、そういう場所がない。1人では続かない。

じゃあ仲間を作ればいい。

そういう場所にどんどん行くしかないよね。それしかない。


何もしなければ楽だけど何も生まない。その時間で何かしてればその分あとから返ってくる何かがあるよね。


マイペースで、いいからちゃんと人に会いに、お金を使って自分から出かけてみよう。

私の人生で大切なことは、

メッセージを何かの形にして残すこと何かを創ることだと思ってた。

けど、もちろんそれは自分にとって重要なことだけど、

今私自身は、そこに強い欲求はない。しないと死ぬ、自分の人生が終わるみたいな、迫ったものはない。逆におばさんになったら終わる、女でなくなったらつまんないというのはあって美容やダイエットは続いているけど。


もしかしたら、メッセージを残したり創るのは、もう少し年齢が上がったらより強い欲となるのかもしれない。

今の自分の欲は女でありたい、美しくありたいくらい。昔から何も変わってない。自由だった大学生の頃の生活と一緒。

音楽、男、短時間で稼げて楽しい人とやれる仕事、時たま海外に行く。

私の本質は、これなのかもしれない。これが、私にとって幸せな生活なのかも。

じゃあやっぱり、少し仕事頑張ってお金を作って海外に年2-3回行けるようにしつつ、音楽活動もしてくのがいいかもね。