自分のことを話すのが苦手な理由

私は人に自分のことを話すのが苦手だ。なんでなのか、自分でもちゃんと考えてなかったけど、ほとんど癖のようなものになってる。私は10代の頃から接客業や営業の世界にいた。だから、自然に・人は話を聞いてほしいんだ・理解して認めてすごいって言ってほし…

人それぞれの軸、考え方、表現スタイル

今日は久々に大学時代のサークルの仲間と会った。感じたのは、歳を重ねる毎に、その人それぞれの軸が、その人それぞれの環境で育っている。考え方は違うし、表現の仕方も違う、価値観は本当にそれぞれ違う。でも女の人同士のコミュニケーションは少し気を使…

「生きる意味」諸富祥彦を読んだ

最近、田舎に越してきて、仕事も変わり、暇になった。環境も家も人も、本当に恵まれていて、私は幸せだと思う。東京にいた時に求めていた、・時間の自由・場所の自由・運動したり自炊したり健康な生活を送る時間と心の余裕・マイペースでストレスのない仕事…

表現するとは

仕事の中でも、曖昧で、どう整理していいかわからないことの1つにクリエイティブってどう作るの?っていうことがあった。それが今日、バンタンのデザインファンデーションの体験クラスにきてみて、少し整理された気がした。①このもの(商品、会社)がどんな困…

成田久さんのワークショップ

デザインの授業を受けてきたので、内容、響いたことをアウトプットします。★成田久さんのワークショップ資生堂で、TSUBAKIやUNO、マシェリ、マジョリカマジョルカなどのお仕事をされてるベテランのアートディレクターの方のワークショップでした!内容は、前…

デザインの言語とプロセス

渋谷にある、社会人向けのデザイン学校で、webデザインを勉強することにしました!きっかけは、会社の営業で長時間拘束されて働く生活は続けたくないし、webデザインできれば、仕事が広がってフリーでやりやすくなるかな、という仕事目的と、元々美しいもの…

女1人旅 弾丸インド 5日目

この日は帰国で飛行機移動。あっとゆうまのインド滞在だった。インドでの気づきをまとめると、「ありのままを受けとめ、生きること」。日本にいるとまわりを気にしてカッコつけたり、よく見せようと女らしくしたり、利害を気にしたり、評価を気にしたり、素…

女1人旅 弾丸インド 4日目

バラナシのサンタナで年越しを迎える。日本人宿独特の盛り上がりは苦手で、日本時間のカウントダウンが終わったらすぐ寝てしまった。朝6時15分から朝のガンガーを見にバダルさんのボートツアーに行く。朝のガンガーもとても神秘的。霧、鐘の音、祈りの声が神…

女1人旅 弾丸インド 3日目

この日はほとんど移動。朝起きてメインバザール近くの野菜マーケットをふらふら。おばちゃんのところでチャイ休憩。宿で出会ったゆみえさんと空港まで一緒に移動することに。悪いインド人が多いと噂の鉄橋では残念ながらだれにも話しかけられず、、、飛行機…

女1人旅 弾丸インド 2日目

朝はサンタナで皆で朝食。長く旅慣れた人や、最近来た人、中国人などいろんな人がいて楽しい。午前中はデリーの市内観光に連れて行ってもらいました。メインバザールでまずはチャイ休憩。10ルピーで後払い。怖かった道も黒いインド人ものら犬も少しずつ慣れ…

女1人旅 弾丸インド 1日目

インドに行ったので、旅ログを残します。旅程----12/29 朝 成田発12/29 夜 デリー着12/30 デリー市内観光12/31 バラナシに移動1/1 ガンガーの日の出を見る1/1 夕 デリーに移動1/2 成田着----昔から一度は行きたかったインド。バラナシのガンジス河の沐浴の写…

死ぬまでの時間の使い方

人が死ぬと、いつも自分の死まで、どう時間を使おうか考える。ただの物質になるまで、意外とすぐで、生きてる時間をどう使いどう自分が生きたことでの意味を残そうか考える。自分ができることで 出来るだけたくさんの人に愛を与えること。子どもを残すこと。…

田舎と東京でなぜ時間の流れがこんなに違うのか

銚子に行って、東京の時間の流れって無駄に早くて心を消耗してるなと思った。無駄に情報多いし、ものも多いし、人も多いし、いらないものの方が多いのにやらなくてもいいことの方が多いのに、東京にいるとなぜかやることが無駄に増えて時間が足りなく感じる…

ブログ書く

ブログなんて何書いたらいいか全然わかんないよ〜っていつも作っては放置してたけど、そろそろちゃんと書いてみる。ノートに一人で書くのと同じようにブログに書いてみる。